ツナ缶のアレンジ方法

もしもの災害の時に備えとして、自宅に缶詰を常備しているという人はいるでしょう。
缶詰を常備していれば、もしもの災害時だけではなく、風邪などの体調不良の時や忙しくて買い物に行けなかったときに役に立ちます。

缶詰は確かに、他の食品に比べて消費期限が長いですが、日々の生活の中で消費していっておかないと、いざという時に消費期限を大きく過ぎていたという事態が起きてしまいます。
普段から多めに食材を購入しておき、定期的にそれらを使用して、また、買い足す、という事を繰り返すことで、備蓄の状態を把握することができます。
また、この方法をとっていると、定期的に食材として消費していくので、確認したら消費期限が迫っていて、慌ててその食材を消費しなくてはならないといった事態を防げます。
また、常備している缶詰を日常の中で消費していくことで、いざ、という時に、上手く食材を活用できて、飽きてしまって食欲が落ちてしまうという事にならないですみます。
いつもと違う食事が続くとストレスを感じてしまうものですが、普段から食事に取り入れていけば、もしもの時にもストレスを感じずらいというメリットもあります。

缶詰はそれ単体でもおいしく食べられるように作られています。
最近では、製造技術が向上したおかげで、味だけではなく、栄養価も上がっています。
お店で、食材を買ってきて同じものを作るよりも、食材の栄養を無駄なく活用でき、調理時間を短縮することができるのが、缶詰をアレンジした料理になります。

TOPへ戻る